子どもに「生きる力」をもたせるには

現代の子どもを取り巻く問題は、いじめ・不登校・自殺といった閉鎖的なテーマが多くあります。厚生労働省は学習指導要領にて「生きる力」、すなわち知・徳・体のバランスのとれた力を教育の根幹にあてていますが、その設定には子どもを取り巻く問題が影響しているといっても良いでしょう。「生きる力」を育むには大人の適切な教育が不可欠ですが、その適切さは一体どのような尺度に依るのでしょうか。教育にはマニュアルが無く、また子どもの心を傷つけまいとするあまり、過保護になったり大きく距離をとる大人も存在します。そのような偏った教育方針では、反抗期の青年には違和感や反感を持たせることになる可能性があります。引きこもりの子どもに金銭と時間を与えて、極力接触を避ける大人もいれば、学校の教師のように土日も部活で出勤し、自分の時間を犠牲にして子どもたちを指導する大人もいます。いずれにせよ重要なのは、教育を「与える」という強迫観念を捨てて、「共に成長する」ことが大事ではないでしょうか。「生きる力」とは人から与えられるものではなく、自分で見つけ育むものです。大人は人として対等に関わるほか、時に助言や補助を行うことで、子どもの自己効力感が湧きあがります。結果、いじめや不登校、自殺の原因になるフラストレーションを自力で解消することができるのです。自己破産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です